【幸せを感じない】知っておきたいうつ病のサインとは

サイトメニュー

うつ病の治療

女性

家族ができること

うつ病になってしまった場合、どのように治療をしていくのでしょうか?うつ病改善に向けての方法を紹介していきます。まず、治療をするうえで一番大切なのは心身の休養です。ストレスやうつの原因は色々ありますが、まず心身を休ませることが回復へと繋がります。仕事や家事、育児による多忙の場合、責任感の強い方は「休めない」と、十分な回復を待たずに治療を終えようとしてしまうかもしれません。ですが、中途半端な治療だとうつ病の完全回復は期待できません。周りのサポートを受け、まずは十分に心と体を休ませましょう。場合によっては、入院が必要なこともあります。疲れを癒すとともに、治療に多く用いられるのが抗うつ剤です。精神科や心療内科で処方される抗うつ剤は、うつ症状の回復や精神安定の効果があります。また、不安症状が治まらずに寝付けない、といった人には睡眠薬が処方されることもあります。抗うつ剤などを医師から処方された場合、しっかりと用量を守って服用するようにしましょう。抗うつ剤の効果は、すぐには現れませんので飲み続けることが大切です。薬によっては、副作用がある場合があるので、医師の説明を聞いて納得しうえで処方してもらうようにしてください。そして、うつ病の心の悩みの解決をするときに用いられるのが、精神療法です。カウンセリング、というと聞いたことがある人が多いと思います。医師に心の奥にある悩みやわだかまりを打ち明けていくことで、ネガティブ思考癖や悩み解決へと繋げていくのです。

もしも自分の家族がうつ病になった場合、どのようなサポートを行えばいいのでしょうか?一番大切なのは、患者の心に寄り添うことです。うつ病患者は小さなストレスにも敏感になっているため、あまり刺激を与えないように心がけましょう。気分転換に、と旅行へ連れていくのも逆にストレスの原因となってしまうこともあるのでおすすめしません。また、仕事や家事、育児もできるだけ休ませるようにしましょう。多忙は、ストレスの原因にもなります。家事や育児は患者以外の家族で分担して行うように心がけてください。このように、周りの十分なサポートもうつ病改善に欠かせません。うつ病患者が幸せを感じられるように、家族も治療のサポートを積極的に行いましょう。